仕手株になるのは電気化学や小野薬品等業種関係ない

仕手株に選ばれる基準としてはまず、株価の吊り上げが行いやすい銘柄というのが重要になります。
人為的に相場を作り上げて安く買い集めた株を売り抜くのが仕手株ですから、肝心の株価を吊り上げることが出来なければ意味が無いので、株価が吊り上げにくい銘柄というのは選ばれにくいものとなっています。

次にある程度株を買い集めることが出来ることも重要なポイントであり、株価をいくら吊り上げやすくても肝心の仕込みが出来ないのであれば、意味が無いため買い集めるのが難しいような銘柄も選ばれにくいものとなっています。
それでは業種は関係有るのかというと、業種に関してはほとんど関係がなく電気化学系の事業をしている企業であろうと、小野薬品のような製薬会社であろうと仕手株として仕掛けやすいものであればどのような業種であっても狙われる可能性があるということになります。

小野薬品に関しては仕手株に狙われにくい株の一つで、1兆円半ばの時価総額を持つ大型の企業であるため、資金力のある仕手筋といえども簡単に株価の吊り上げを行うことが出来ないため、、このような大型株は仕手筋に狙われにくいものとなっています。
つまり、仕手筋に引っ掻き回されたくないと考えるのであれば、小野薬品のように時価総額の大きく簡単には株価が釣り上げられない銘柄を選ぶことによって、仕手株に巻き込まれる可能性を避けることができます。
仕手株は短期間で大きな利益を出すことも可能なものとなっているので、チャンスも多いものではありますがそれ以上に大きなリスクがあるものとなっていますから、安全な投資をしたいと考えているのであれば、怪しい値動きをして急騰をしている銘柄には手を出さないようにしましょう。